送料無料 ★ 会員登録後にご購入で5%ポイント還元!

cocopoupon

お役立ちコラム

セカンド抱っこ紐は必要?
選び方のポイントをご紹介!

赤ちゃんが成長して、だんだん抱っこが重くて辛くなってきた..。
今の抱っこ紐のままでも大丈夫?

新生児用の抱っこ紐は持っているけど、赤ちゃんが成長して、だんだんと肩や腰に負担がかかって辛くなってきた..。
今の抱っこ紐でも大丈夫かな?とお悩みを抱えたママさん必見!

セカンド抱っこ紐の必要性と選び方のポイントをご紹介します♪



セカンド抱っこ紐は必ずしも必要なワケではないですが、
ママや赤ちゃんの負担を考えると早めの購入をオススメします。
なぜなら抱っこする期間はまだまだこれから長く続くから!

赤ちゃんは新生児から生後3ヵ月までの間におよそ+3.6kgも重くなります。
さらには、1歳になる頃には10kg近くなることも...。



このまま今の抱っこ紐で肩や腰の負担を我慢していると、
ママの体に負担が生じるし、何より抱っこが辛くて億劫になってしまうかも..!

だから..
生後2~3ヵ月頃にセカンド抱っこ紐の購入を検討するママが多数!

・抱っこする期間はまだまだ続く!
・我慢をすると、慢性的な肩こり・腰痛に
・抱っこが億劫になる→子育てを楽しめなくなるかも..
・セカンド抱っこ紐を持っている人は約60%

[選び方のポイント]
セカンド抱っこ紐はヒップシートタイプが断然おすすめ!

①3点分散構造で
肩・腰が圧倒的にラク!

赤ちゃんはどんどん重くなるから、ココがとーっても大事なポイント!

ヒップシートタイプは肩ひも・腰ベルト・ヒップシートの3点で赤ちゃんの体重を支えるから、
抱っこが安定し、軽く感じるんです♪
また、肩や腰の位置がまっすぐ正しい位置に!



ヒップシート抱っこ紐 hugrakuなら、ヒップシート部分に少し傾斜を付けているため、
自然とママやパパの方に寄り添う形になるから抱っこが安定!

また、ヒップシート座面は低反発クッションで衝撃吸収!赤ちゃんも快適に過ごせます♪

一度使ったらこれしかダメ!手放せないユーザーさんが続出!

ヒップシートタイプは3点分散構造で抱っこがラクになる!

[選び方のポイント]
4wayで長く使えるものが
経済的にも◎

せっかくセカンド抱っこ紐を買っても、使える期間が短いともったいないですよね..。
特に抱っこ紐は安いものではないからこそ、なおさらです。

hugrakuなら、対面抱き、前向き抱き、おんぶ、ヒップシート単体の4wayで使えるから、
成長やシーンに合わせて長く使えるんです!

【対面抱き】
月齢が小さい時や赤ちゃんが寝ちゃったときに。安定感バツグンです。

【前向き抱き】
景色が見えるから、赤ちゃんもワクワク楽しい♪
公園や動物園など、お出かけがもっと楽しくなります。

【おんぶ】
料理や洗濯など、家事をしたいときにとっても便利。
背中にぴったりフィットして重さを感じにくいため抱っこよりも肉体的負担がラク!

【ヒップシート】
歩く!・抱っこ!を繰り返す、歩き始めの時期にぴったり!
片手で支えられるから、ちょっとしたお出掛けに便利!

成長やシーンに合わせて、長く使えるものがベスト!

[まだまだある!]
ヒップシートはこんなに便利!

ヒップシートがあることで、抱っこの負担が軽減されることはお分かりいただけたと思います。
ただ、ヒップシートの魅力はそれだけじゃないんです..!

実はヒップシートは新生児の時から使えます!横抱きをして、寝かしつけや授乳の補助にもなるんです♪
新米ママ・パパだと、抱っこに慣れていなくて、腕の痺れや手の腱鞘炎になることも..。
そんな時にヒップシートは心強いですよ!



成長して、腰がすわると縦抱きで抱っこができるので、ヒップシートにちょんと乗せてお出かけできちゃいます。
片手が空くから、スーパーなどのお買い物も楽ちん!抱っこ紐を嫌がる時もヒップシートなら大丈夫!

また、抱っこ紐に比べて着脱が簡単だから、
面倒くさがりのパパも率先して抱っこしてくれるようになったとのお声が!

歩く!抱っこ!を繰り返す、歩き始めの時期にもおすすめ!
素手で抱っこするのはしんどいけど、抱っこ紐を装着するのは面倒..ってゆうときにとっても便利です♪


ヒップシートはあらゆるシーンで使える!育児のお守り代わり♪

おすすめアイテム

ヒップシート抱っこ紐hugraku